オフィスを自由にカスタマイズして、ハイブリッドワーク時代に対応

WeWork は Feather と提携し、より多くの柔軟性を求めるメンバー向けに家具や追加サービスを提供しています。

WeWork Gotham Center(ニューヨーク州ロングアイランドシティ) 写真:WeWork

ハイブリッドな働き方が急増していく中で、多くのビジネスリーダーは自社のオフィススペースにもっと大きな意味を持たせたいと考えています。具体的には、コラボレーションをより促進する有意義なスペース、業務に集中できる静かなスペース、あるいはその両方を意味します。 

そのため、WeWork は家具レンタル会社の Feather と提携し、WeWork メンバーのために高品質な家具の提供や追加サービスを始めることにしました。ニューヨークで実施したパイロットプログラムの成功を受け、Feather は現在、全米の WeWork オフィスにサービスを展開しています。 

Feather のマーチャンダイジング担当副社長、Kendra Ovesen 氏は、「弊社と WeWork の責任者たちは、夢のオフィスを作りたいと望むメンバーに選択肢を提供しようと、知恵を絞りました」と語ります。「このパートナーシップは、両社の強みを生かし、相乗効果をもたらすものです」と述べています。 

たとえば、あるメンバーは、机と椅子だけが揃った現在の 14 人用のオフィスを、個室やコラボレーション用のブレイクアウトエリア、ラウンジを備えたスペースに変えたいと考えるかもしれません。「Feather なら、全米すべての WeWork ロケーションでブランド家具をキュレーションでき、熟練スタッフが細心の注意を払って家具を配送・設置する「ホワイトグローブ配送」など、完璧なレベルのサービスも提供しています」と、WeWork のグローバルプロダクトデザインマネジメントのシニアマネージャー、Francesca Ling は述べています。「このレンタルサービスでは、ニーズの変化に応じて簡単にパーツを交換でき、オフィスを構成し直せるという柔軟性が重要でした」と言います。 

WeWork と Feather の提携が自然な形で実現したもう 1 つの要因は、家具のスタイルそのものです。「WeWork のクリエイティブチームにとって、Feather のチームと協力して、当社の見た目や雰囲気とメンバーのニーズにマッチしたメンバー専用の家具をキュレーションするのは容易なことでした」と、WeWork のグローバルプロダクトデザインマネジメントのディレクターを務める Ivan Aguirre は述べています。「Feather の家具セレクションは、WeWork のコンセプトであるニュートラルな素材感とぴったり合っており、各メンバーのブランドやアイデンティティにもうまくフィットするワークスペースが実現します」。

Feather の Ovesen 氏も同意見です。「モダンな美意識は、弊社が製品をデザインする際に常に意識していることで、WeWork が目指す方向性とも見事に合致していました」と言います。

ご利用方法

このパートナーシップにより、WeWork メンバーは、WeWork スペースに合うように特別にデザインされた家具を単品または組み合わせて選ぶことができ、また必要な期間だけ柔軟にレンタルすることが可能です。さらに、Feather の家具は、既存の WeWork オフィス家具と組み合わせて使用することもできます。

Feather の家具を使ってスペースをカスタマイズするには、2 人から 20 人まで収容可能なオフィスを利用しているメンバーが、まず「オフィスビルダー質問事項」に回答し、希望のビル、オフィスのサイズ、スタイルを選択してから好みのスペース構成を選びます。Feather は回答に基づいてお勧めの家具を提案し、メンバーはその中から気に入ったものを選びます。追加サービスやアップグレードを加えることもできます。

せっかくオフィスに来るのであれば、インスピレーションを感じ、人々と安心して交流できる場所であってほしいと考えます。

Feather のマーチャンダイジング担当副社長、Kendra Ovesen 氏

「オフィスビルダーを使うと、メンバーはスペースに関する質問に答えるだけで、自分のニーズに合った家具の組み合わせが提案され、さまざまなオプションを視覚的に確認することができます」と Ovesen 氏は言います。

「ブレインストーミング&ブレイクアウト」向けレイアウトのバンドルは、大きなテーブルと椅子、ホワイトボードを備えたコラボレーションスペースで、会議やワークショップを円滑に進めるのに最適です。「ラウンジ」のバンドルは、柔らかくて座り心地のよい椅子とコーヒーテーブルで構成され、チームメンバーと気楽に会話したり交流したりできるように設計されています。「『会議』がテーマのバンドルでは、自分専用の会議室を作ることもできます」と Ling は説明しています。

「WeWork のメンバーたちは、究極の柔軟性を求めており、彼らの仕事上のニーズは常に変化しています」と Aguirre は言います。

「せっかくオフィスに来るのであれば、インスピレーションを感じ、人々と安心して交流できる場所であってほしい」と Ovesen 氏は言います。

ここでは、実際に Feather のオフィス家具を活用した WeWork オフィスの様子をご紹介します。

さまざまなワークゾーン

この写真は、WeWork の標準的なオフィスに、日々のさまざまな業務に対応したバンドルサービスを組み合わせたものです。ここでは、「ブレインストーミング&ブレイクアウト(中)」「ラウンジ(中)」、昇降デスクやエルゴノミクスタスクチェアでアップグレードして集中力を高めるワークスペースなどのバンドルを紹介しています。「全体的に、威圧感のない家具、木材を多用した温かみのある家具がトレンドです。明るくて風通しのよい、開放的なスペースをイメージしてください」と Ovesen 氏は言います。

仕事に集中できるスペース 

このアップグレードされた集中ワークエリアには、昇降デスク、エルゴノミクスタスクチェア、タスクランプが設置されており、プロジェクトの締め切り間際に従業員たちが集中力を持続させるのに貢献します。これらの家具は BIFMA 認証です、と Ovesen 氏は付け加えます。(BIFMA とは Business and Institutional Furniture Manufacturers Association(オフィス・産業家具製造協会)が実施する第三者認証で、持続可能な製品を認証しています。)

気軽な会話を楽しめるスペース

「ラウンジバンドル(中)」は、2 人掛けソファ 1 台、ラウンジチェア 2 脚、コーヒーテーブル 1 台、居心地の良い空間を演出するフロアマット 1 枚がセットになっています。雑談や読書、クライアントの応対などに適した設定です。

プライベート空間をグレードアップ

「エグゼクティブバンドル(特小)」を利用すると、オフィス家具 3 点が標準装備されたオフィスをエグゼクティブオフィスにアップグレードすることができます。このセットには、エグゼクティブデスク 1 台、エルゴノミクスタスクチェア 1 台、デスクワゴン 1 台、ゲストチェア 1 脚が含まれています。 

プライバシーとチームワークのバランス

中には、カスタマイズをさらに必要とするメンバーもいます。個人経営の会社で、クライアントと仕事をするためのスペースが必要な場合や、オフィススイートとは別のプライベートオフィスが必要な場合、または本社が離れていてプライベートオフィスを設置する必要がある場合などが想定されます。そのようなケースでは、標準の 8 人用 WeWork オフィスを、上の写真のように、より機能的なエグゼクティブオフィスに変えることができます。このスペースには、「エグゼクティブバンドル(特小)」、「ブレイクアウトバンドル(小)」の他に追加サービスとして「本棚」がパッケージに含まれています。

モダンなミーティングエリア

対面でのコラボレーションやブレインストーミングはとても重要です。そのため、標準的な 6 人収容のオフィスエリアを、「ブレイクアウトバンドル(中)」を利用して、外から見えないプライベートなミーティングルームに変えたいと考えるメンバーもいます。このバンドルには、会議用テーブル 1 台、椅子 6 脚、アイデアや戦略を練るための可動式ホワイトボード 1 台が含まれています。 

自然光が差し込む居心地の良いブレイクアウトルーム

「ブレイクアウトバンドル(中)」は、単なる小さな会議室ではありません。ここでは、広めの標準的なオフィス環境に加え、素晴らしい眺めが楽しめます。

集中力を高める設計のデスク

人間工学に基づいたデザインや、長時間の作業中に体勢を変えられることは、従業員の健康を維持する上で重要なポイントです。アップグレードが施された集中ワークエリアには、昇降デスクとエルゴノミクスタスクチェアが用意され、広めの標準的なオフィス環境において、従業員が座りっぱなしになることなく、体を動かしながら働けます。

交流のためのスペース

「ラウンジバンドル」を広めの標準オフィスに採用すると、心地よい会話のスペースが生まれます。このバンドルには、柔らかいフロアマット 1 枚、ラウンジチェア 2 脚、コーヒーテーブル 1 台が含まれています。「家具は長く使えるように作られています」と Ovesen 氏は言います。「修理しやすいように、より自然な風合いの仕上がりにしています」。

Dawn Papandrea はフリーランスのライターで、仕事、パーソナルファイナンス、高等教育などについて主に執筆しています。彼女の執筆記事は Family Circlemonster.com など数多くの出版物に掲載されています。Twitter でフォローしましょう。

新しい働き方、始めませんか?

この記事は役に立ちましたか?
カテゴリー
ニーズに合わせた柔軟な製品
タグ
デザイン
ハイブリッドなスペース
フレキシブルなスペース