WeWork On Demand を活用できる 6 つのシーン

新しい都市に引越しても、自宅への来客を回避する場合でも、WeWork On Demand があれば、必要なワークスペースを利用できます

WeWork University Park(オースティン)写真:WeWork

リモート勤務やハイブリッド勤務をしている人であれば、リビングや寝室の一角、キッチンテーブル、あるいはソファで仕事をした経験があるのではないでしょうか。この勤務スタイルは、とりわけ通勤のストレスやスーツに着替える手間から解放されたことで、これまでのところうまくいっていたのかもしれません。 

しかし、日常が中断されるような事態が発生したらどうでしょうか。たとえば、ルームメイトの家族が 1 週間滞在することになったり、あなた自身が別の都市に出張になったり、予定に入ってきた会議に使えそうなカフェが近所になかったりなど、いろいろあるでしょう。

または、自宅以外の快適で静かな空間で仕事をしなければならないこともあります。WeWork On Demand なら、世界中に数百ある WeWork ロケーションで、オフィススペースを時間単位で、会議室なら時間単位または日単位で予約することができます。月間契約は必要ありません。WeWork On Demand アプリがあれば、ホットデスクや都度払いプランの会議室の予約を簡単に行えます。ここでは、WeWork On Demand を使って快適かつ生産的に仕事を行える 6 つの方法をご紹介します。

出張先でもホームベースを確保

WeWork 711 Atlantic Avenue(ボストン)

どんなに快適なホームオフィスでも、出張先まで持っていくことはできません。WeWork On Demand は、必要な場所で必要なときに働くスペースを予約できる究極の柔軟性を提供します。たとえば、出張先に朝 8 時に到着したけれどホテルには午後 3 時までチェックインできず、急いで仕上げなければならない仕事があるとします。仕方なく空港のどこかでノートパソコンを開くかわりに、WeWork On Demand を使ってワークスペースのデスクを終日予約できたとしたらどうでしょうか。Wi-Fi が完備し、プリンターも使え、おいしいコーヒーを飲み放題の快適なスペースは、慌ただしい移動のストレスを解消することでしょう。荷物をまとめて飛行機に乗り込み、仕事を片付けて、出張を楽しんでください。

感動が生まれるように設計された会議室

WeWork 1 South Dearborn(シカゴ)

現在のチームの規模では、毎日出勤するオフィスは必要ないとお考えかもしれません。ところが、大きなプロジェクトの依頼が舞い込めば、あらゆるクリエイティブなアイデアのためにホワイトボードを用意し、ブレインストーミングを行うスペースが必要になります。または、講座を開くための教室が必要な方もいるでしょう。あるいは、重要な会議を控えていて、プロフェッショナルな雰囲気の会議室を探さなければならないこともあります。WeWork On Demand があれば、このようなニーズにマッチした会議室をご利用いただけます。美しくデザインされた WeWork スペースを活用することは、クライアントに好印象を与え、コラボレーションを進めるのに最適な方法です。

集中するためのスペース

WeWork 109 North Bridge Rd(シンガポール)

木曜日の朝までに資料を完成させなければならない時、自宅での仕事は気が散ってしまうものです。または、せっかく集中していても、玄関のベルが鳴ったとしたらどうでしょう。あるいは、急にキッチンの大掃除を始めたくなってしまうこともあるかもしれません。WeWork On Demand があれば、そうしたことは一切ありません。WeWork なら、集中して 仕事をやり遂げられる ワークスペースがあなたのものになります。 

想定外の事態に対応するためのバックアップ

WeWork 101 N 1st Ave(フェニックス)

何の連絡もなく、大家が隣の部屋を改装し始めたとしたらどうでしょうか。または、インターネットの接続が切断され、復旧に 2 日もかかるとしたら。電話のたびに背景の騒音を謝ったり、モバイルホットスポットを使ってデータを消してしまう代わりに、WeWork On Demand を使えば、騒音のひどいアパートから丸一日抜け出すことができます。たとえ日中に騒音が発生しても、すぐに自宅を出て、ゆっくりとお茶を飲みながら仕事のできる安心感が得られます。仕事が中断されるタイミングは予測できませんが、居心地のよいスペースで業務を続けられる選択肢があれば、仕事もはかどります。 

孤独から抜け出す

WeWork The Boardwalk(アメリカ カリフォルニア州アーバイン)

いつその瞬間が訪れるのか、予測は難しいですが、在宅勤務を続けていると時に孤独を感じ、今すぐ利用可能なホットデスクを予約できるオプションが欲しくなるかもしれません。Zoom での話し合いは、他の人と一緒の空間にいることで得られるエネルギーにはとても及びません。コミュニティマネージャーに話しかけられたり、コーヒーをお代わりしに行って仲間の笑顔に出くわしたりすることは、大きな違いをもたらします。WeWork On Demand でデスクを終日予約しましょう。他の利用者たちと会話をして、在宅勤務の孤独感を払拭することができます。

インスピレーションの源

WeWork One Culver(カリフォルニア州カルバーシティ)

WeWork ロケーションは、地域のイメージを取り入れたオリジナルアート作品や装飾が施されており、利用者にインスピレーションを与えるようにデザインされています。WeWork On Demand があれば、いつもと違う雰囲気の中で新たなインスピレーションを得て、仕事を成功に導くことができるでしょう。美しいスペースで過ごす数時間は、創造力を解き放ち、新しいアイデアを呼び起こすのに役立ちます。

Bradley Little はニューヨーク市を拠点とするライター兼コンテンツクリエイターです。

新しい働き方、始めませんか?

この記事は役に立ちましたか?
カテゴリー
ニーズに合わせた柔軟な製品
タグ
WORK FLOW
オンデマンド
フレキシブルなスペース