クライアントのためにオフィススペースを探す

2 人のブローカーがクライアントのオフィススペース探しを手伝う様子をご紹介します。1 人は独自に、もう 1 人は WeWork と提携しています。

ブローカーは、クライアントにとって最適なオフィススペースを探すために、立地やビルの状態、入居可能時期や拡張性など、さまざまな点を考慮します。この記事では、2 人のブローカーがクライアントに最適な物件を探す様子をご紹介します。1 人は独自に、もう 1 人は WeWork と提携して物件探しを行います。

クライアントのニーズを把握する

イラスト:Ivan Ehlers

クライアントとブローカーの関係は大変重要です。ブローカーは、クライアントのニーズ、予算、期待を把握しているものです。そんなブローカーにとって、WeWork は貴重な情報源となります。ブローカーは WeWork のセールスパートナーと協力して、クライアントにとって理想的な物件を探すことができます。

相談窓口を一本化

ブローカーは、クライアントのためにできるだけ物事をスムーズに進めたいと考えます。ところが、従来型のオフィス賃貸だと、新しいスペースへの移転準備にはさまざまなコストが発生し、ベンダーや契約の数も多くなります。一方、WeWork メンバーシップがあれば、クライアントは、コスト、ベンダー、請求書をまとめて一括処理することができます。

「運命の物件」に巡り合うまでビルを探し回る

これまで、ブローカーとクライアントは、クライアントの条件を満たしそうなビルが見つかるまで、次々と空きビルを見て回っていました。一方、WeWork と提携しているブローカーなら、WeWork の膨大なスペースのポートフォリオに簡単にアクセスできます。インベントリは近隣地域から世界中の都市までカバーしており、クライアントのニーズに最も適したスペースが見つかります。

入居時期の調整

ブローカーは、クライアントが設定したタイムラインや期限に留意しなければなりません。従来型のオフィススペースに移転する場合、改装や家具の確保など、多くのことに対応しなくてはならず、実際に入居できるまでかなりの時間を要することがあります。その点、WeWork との提携では、クライアントはターンキー付きのオフィススペース、さらに必要に応じてカスタムビルドアウトが可能なスペースを得ることができ、ブローカーは安心して臨めます。

拡張性に気を配る

ブローカーは、クライアントの企業規模や市場の拡大に伴い、クライアントのニーズが変化することを誰よりもよく知っています。従来型のリース契約では迅速な対応が難しい一方で、WeWork なら柔軟性が確保されます。世界各地に数百のロケーションがあるため、クライアントが世界中に複数の拠点を置き、素早く展開することも容易です。

Ivan Ehlers はロサンゼルス在住の作家兼漫画家。

新しい働き方、始めませんか?

この記事は役に立ちましたか?
カテゴリー
ニーズに合わせた柔軟な製品
タグ
フレキシブルなスペース
ブローカー
不動産戦略