ビジネスが WeWork を選ぶ 6 つの経済的理由

適切なオフィス選びが不動産リスクの軽減や無駄な支出の削減など、ビジネスにどのように役立つのかをぜひご覧ください。

不動産の問題を成功に導くには、いかに機敏でいられるかが鍵となります。長期リースには柔軟性が欠けています。負債を増やしたり、非効率的なスペースを無理に活用しようとしたり、予測不可能な前年比の支出に対処して予算案を狂わせたりするような長期リースに、どうしてコミットしたいでしょうか?

WeWork のアジャイルなワークスペースソリューションは、これらの課題を解決できます。だからこそ、フォーチュン 500 の 3 割にあたる企業を含む大企業が WeWork と提携しています。その理由をご紹介しましょう。

1. 設備投資の削減

WeWork の市場での優位性は、使う人にユニークなビジネスチャンスをもたらします。まず、社内の垂直統合をスケーリングされた購買力と組み合わせることで削減できたコストは、WeWork メンバーに還元されます。 

次に、私たちはメンバーから、設備投資の負担を軽減しています。そのため、WeWork の長期リースでは標準的な内装費用を償却し、メンバーがスペースを占有した時間分のみ課金します。そうすることで、メンバーは資本ロスを減らしつつ、美しくデザインされた、ターンキー契約のスペースにアクセスできます。

2. 経費の安定化 

WeWork では、不動産コスト、運用費、償却できる設備改善、管理費などは固定費(年換算)です。これにより、あらゆる不動産関連の予算が予測可能になり、安定性が増します

多くのクライアントにとって、これは変化の大きい変動費から解放される喜ばしい変化です。 

3. 責任の最適化

標準的なリースと比較して、より短期間のメンバーシップを提供できるため、貸借対照表に計上される負債額が減少します。すなわち、あなたはビジネス上、正しい選択をした、ということです。契約期間は 1 ヶ月から 15 年までから選べます。

4. GAAP / IFRS との整合性

WeWork は、貸借対照表への影響を軽減できるサービスを提供することにより、一般的に受け入れられている会計原則(GAAP)および国際財務報告基準(IFRS)の変更にも対処しています。

短期契約の柔軟性

12 ヶ月未満のリースまたはライセンスは、賃借対照表に計上する必要はありません

解約オプション

解約オプション付きの長期リース/ライセンスをご用意しています。合理的に行使できると判断された場合、短期債務として計上できるため、収入および貸借対照表に対する長期負債を削減できます。

リースコンポーネントと非リースコンポーネント

定額家賃や賃借対照表に非リース要素を含める代わりに、WeWork では、メンバーシップ料金の総額をリース要素と非リース要素に分解できます(適用できる場合)。

WeWork アクセス

WeWork アクセスパスは、リースやライセンスではなくサービス契約と見なすことができます。つまり、貸借対照表に計上する必要はなく、損益計算書に、標準営業費として計上できます。

5. 不動産の適応性の向上 

WeWork では、企業は必要とするスペースに対してのみ経費を支払うことで、不動産をより効率的に利用できます。余剰スペースの削減にもつながり、無駄な支出の削減になります。

これにより、企業は、従業員数が頻繁に変動しようとも、占有する不動産に関して柔軟に適応できるようになります。

6. スペースの有効利用の向上 

WeWork の利用により、企業はより少ないスペースでより効率的にスペースを使用できます。それには主に 2 つの方法があります。まず、WeWork のワークスペースは通常、従来のオフィスよりも高い密度で運営されています。その理由は、データを駆使して、働く人の快適さとコラボレーションのバランスをとるために最適な設計を決定しているからです

次に、メンバーは、キッチン、ラウンジ、大会議室、トレーニングエリアなど、多様な共用アメニティ にアクセスできます。これらのリソースにオンデマンドでアクセスできるため、企業は直接的なスペース要件を削減できます。

WeWork では、あらゆる規模の企業や個人が直面するビジネス上の課題に対し、ソリューションを提供しています。 

Copyright © 2019 WeWork Companies Inc.無断複写・転載を禁じます。WeWork および関連会社は、税務、法律、会計に関する助言を提供しません。これらの資料は情報提供のみを目的として作成されており、税金、法律、会計に関する助言を提供することを意図したものではなく、またこれらに依拠するべきではありません。契約をご検討頂く際には、これらの資料および関連する決定に関連して、税務、法律および会計の顧問および/または監査法人と相談する必要があります。

ワークスペースに関心がありますか?ぜひお問い合わせください。