リモートオフィスから仕事をする一日

2 人の従業員がリモートで仕事をする一日を追ってみましょう。1 人は自宅から、もう 1 人は WeWork On Demand を利用してオフィスから仕事をします。

リモートで仕事をする方法はたくさんありますが、中には気が散ってしまうものもあります。便利な場所でなければならないことは、多くの人が認めるところでしょう。2 人の従業員が本社を離れて仕事をする一日を追ってみましょう。1 人は自宅から、もう 1 人は最寄りの WeWork ビルで WeWork On Demand を利用します。 

理想のワークスペースを選ぶ

イラスト:Ivan Ehlers

アパートに引っ越すときに専用のワークスペースを用意するという人はそう多くありません。そのため、利用できそうな場所ならどこでも、ベッドの上でさえ仕事をすることになります。WeWork On Demand では、アプリで簡単にワークスペースを予約し、利用した分だけ支払い、自分にとって最適なロケーションのワークスペースを利用することができます。コーヒーを購入したらすぐに向かうことができます。さらに良いのは、到着した時にカップにコーヒーを注げばいいということ。コーヒーを買う必要もありません。

生産性向上のための環境の最適化

専用のホームオフィスであっても、プリンターが壊れたり、Wi-Fi が不安定になったりと、自分のワークスペースの管理人であるという悩みは尽きません。WeWork では、すべてのスペースで高速接続が可能で、定期的にメンテナンスされたオフィス機器、清潔なデスク、ソファ、その他のワークスペースがメンバーを待っています。 

他の人とのつながり 

画面ばかり見ていることから一息つきたいときに、実際に対面で誰かと会話したいと思うこともあるでしょう。しかし、自宅で仕事をしていると、その相手はペットの猫かもしれません。WeWork では、ネットワーク作りをしたい、あるいはお気に入りのテレビ番組の最新シーズンについて話したいだけであるかどうかに関わらず、他の WeWork メンバーやチームの人々と実際に人とのつながりを持つ機会が提供されます。 

効果的なコラボレーション

今では、ビデオ会議に限界があることは誰もが気付いています。中断されること、常に無言でいる人(無言でいるべき人も中にはいるかもしれませんが)、2D で失われるコミュニケーションのニュアンスなどがそれにあたります。家にいるとき、チームとのコラボレーションにはビデオが最適です。しかし、WeWork On Demand をご利用になれば、様々なコラボレーションスペース(時間単位で予約可能な会議室を含む)から選ぶことができます。

専用スペースを確保する(移動中であっても)

仕事で新しい都市に出向いたとき、次の会議に備えてワークスペースを設定する場所を探すのに手こずる場合があります。このような状況についても、WeWork On Demand アプリを利用すれば、いつもの拠点にいながら、仕事ができる便利なロケーションを簡単に見つけられます。 

Ivan Ehlers はロサンゼルス在住の作家兼漫画家。

新しい働き方、始めませんか?

この記事は役に立ちましたか?
カテゴリー
ニーズに合わせた柔軟な製品
タグ
WORK FLOW
オンデマンド
フレキシブル