ソルトレイクシティの壮大な景色と暖かく迎える雰囲気

ユタ州のユニークなアウトドア環境への敬意を十分に表してデザインされたコミュニティ型ワークスペース

クラス A のビルと雪山の景色を組み合わせたらどうなるでしょうか?ソルトレイクシティの 16 階建てのビルに位置する、WeWork 250 Tower へようこそ。新しい労働力に対応するために、Tower は最近、初めての大規模な改装を行い、リフレッシュされたモダンなインテリアデザインと アメニティ を取り入れました。このビルには、光が溢れるラウンジ、風通しのよい会議室、広々とした屋外テラスがあり、どこからもワサッチ山脈の比類ない眺望を楽しむことができます。  

「ここを特別な場所にしているものは、ビルそのものだけではなく、立地と 360 度の素晴らしい景観です」と、WeWork スペースのデザインを手掛ける Alexandra Low 氏は語ります。  

多くの山頂に囲まれた標高の高い位置にあるこの乾燥した気候の都市で、360 度の眺望が得られる数少ないオフィスタワーのひとつです。WeWork 250 Tower からは、ソルトレイクシティのダウンタウンが見渡せ、北には州議会議事堂、東にはユタ大学、そして南にはソルトレイクバレーのパノラマが広がっています。 

「私たちのデザイン理念で重要なことのひとつは、ビルにある自然の要素を壊すことなく調和させることです。私たちは、スペースに自然がもたらす設計を取り入れたかったのです」と、Low 氏は言います。この「屋外を取り込む」アプローチは、生産性を向上させるための環境作りにも役立ちました。 

自然からヒントを得る

WeWork 250 Tower のスペースは、ビルの最上階とその下の階の合計 2 階部分を占めています。木造装飾からカスタムのアートワーク に至るまで、屋外の環境にインスパイアされた装飾的や要素が盛り込まれています。 

デザインのポイントとなる木造装飾を社内で造り、そこからデザインを展開していきました。「チームはダークなべニア仕上げを施したウォルナット材を選びました。ホワイトオークのフローリング、高い天井、白い壁とのバランスが絶妙で、圧迫感がありません」と Low 氏は続けます。

ここを特別な場所にしているものは、ビルそのものだけではなく、立地と 360 度の素晴らしい景観です。

WeWork デザインディレクター Alexandra Low

また、デザインチームは可能な限り植物の緑を取り入れ、カラーパレットを引き立てる、環境に溶け込む植物を選びました。パントリーでは、緑色の大理石のカウンターが、ガラスの向こう側にある緑の風景と呼応しています。また、会議室やラウンジには、サイザル麻のラグなどの天然繊維を取り入れました。「質感がありながら、控えめで目立ちすぎないアクセントラグを重ねることもあります」と、Low 氏は言います。 

また、メンバーは、2 階の「Club 250」で、フィットネスセンター、シャワー、ジム、屋外パティオ、エスプレッソバー、レコーディングスタジオなどの WeWork の充実した設備や特典をビル内にいながら利用することができます。エレベーターでペントハウスに行くと、天井高 20 フィートのオープンプレナムからデッキに出ることができます。 

穏やかな瞬間

WeWork 250 Tower のデザインに込められた意図とは、居心地の良さ、アクセスの良さ、家庭的な雰囲気を感じさせる空間にすることでした。装飾的な照明が雰囲気をさらに盛り上げており、これには、ホットデスクのテラコッタ製のタスクランプ、パブリックスペースでのプライベートな感覚の演出が含まれます。「ユーザーエクスペリエンスを向上させるちょっとした工夫です」と、Low 氏は話します。

このスペースの家具には、モダンな高級品とヴィンテージの掘り出し物が混在しており、意外性のあるユニークな雰囲気を醸し出しています。デザインチームは Knoll 社と共同で Cesca チェアをデザインし、WeWork 独自のファブリックとトウ細工のセレクションを採用してカスタマイズしました。 

ひと際目立つのは、ペンドルトン社製のブランケット素材で作られた特注の長椅子と背もたれ部分、そして WeWork のアート&グラフィックチームが手描きしたヒーローのアートワークがある特別なヌックであると同氏は続け、さらに「それは、机から離れた瞬間です。静かで、プライベートで、居心地がいい空間です」と話します。

250 Tower では、プリントやポスター、オリジナルアートなどの印象的な組み合わせに出会います。ラウンジに描かれた大きな壁画は強いインパクトがあります。「この作品は、木を思わせ感じさせます。スペースのバランスをとるために、ピンクとグレーの異なるパレットを使用しています」と同氏は話します。

生産性向上のためのデザイン 

「このワークスペースが成功している理由のひとつは、人々がラウンジやパブリックスペースで仕事をしたいと思うためです。真に心地良い気分になれるからでしょう。人々は家具に足を乗せるほどの心地良く感じています。そして、それが私たちが目指す環境なのです」と、Low 氏は説明します。 

WeWork の照明チームは、空間内の自然光を独自のデザイン要素と考えています。自然光が得られない場所では、LED 照明の技術を応用して、エネルギー効率を高め、 サステナビリティを促進しています。 

ビルとその眺望だけでなく、このタワーの立地は、ネットワーキングやコミュニティ形成にも適しています。Beer Bar や Taqueria 47 などのレストランが徒歩圏内にあり、展示会やフェスティバルが開催される公共広場の Gallivan Center や公共交通機関の TRAX 駅からも 2 ブロックの距離にあります。

最後に、WeWork 250 Tower は 4 本足の家族を歓迎しています(プラスの点です)。250 Tower が多くの人にとって家のように感じられるはもっともなことです。

Melissa Yapは、大手テクノロジープラットフォーム MNTN のコンテンツマーケティング担当者でもあるオーストラリア出身のフリーランスライターです。ニューヨーク、ロンドンと移り住み、現在はロサンゼルスに拠点を置いています。Fortune、Huffington Post、Monocle、CNN、Adobe などに寄稿しています。

新しい働き方、始めませんか?

この記事は役に立ちましたか?
カテゴリー
ニーズに合わせた柔軟な製品
タグ
CITY GUIDES
デザイン
ハイブリッドなスペース